第35回関東学生グライダー競技会パンフレット(PDF版)公開しました

来年3月の全国大会に向けた関東地区予選「第35回関東学生グライダー競技会」が10月9日(水)~14日(月・祝)埼玉県熊谷市の妻沼滑空場で開催されます。
競技会パンフレットのPDF版を公開いたしますのでご参照ください。
下記リンクよりどうぞ。(直接開いてエラーを起こす場合は、リンクを右クリックしてダウンロードしてから開くと開けます)

第35回関東学生グライダー競技会パンフレット(PDF版)

第22回全日本学生グライダー新人競技大会(新人戦)終了

9月7日から13日まで岐阜県海津市の木曽川滑空場で開催した第22回全日本学生グライダー新人競技大会は無事終了しました。
大会は天候にも恵まれ、全国25校から出場した45名(内3名欠場)の選手たちは日頃の訓練で磨いた飛行技術を競い合いました。

結果は下記の通りです。

(個人の部)

優勝 市川 達也 慶應義塾大学 420.7点
準優勝 矢島 康太郎 慶應義塾大学 413.3
3位 辻井 駿佑 京都大学 399.9
4位 畠 涼太朗 青山学院大学 398.6
5位 山本 航生 大阪大学 394.5
6位 本田 士恩 法政大学 384.5

(団体の部)

優勝 慶應義塾大学 834.0点
準優勝 法政大学 757.8
3位 明治大学 749.6
4位 青山学院大学 736.7
5位 名古屋大学 723.0
6位 早稲田大学 717.5

大会を終わって笑顔の選手たち

第37回久住山岳滑翔大会 終了

今年の久住山岳滑翔大会は、九州地区の豪雨など恵まれない天候でしたが、8月27日無事終了いたしました。成績は下記の通りです。

(基本滑翔競技の部)
優勝  信州大学   2年 小原 知行
準優勝 大阪大学   2年 山本 航生
3位   信州大学   2年 谷本 燿
4位   九州工業大学 2年 本禄 絹佳
5位   青山学院大学 2年 池田 夏初
6位   京都大学   2年 辻井 駿佑

(記録滑翔競技の部)
該当記録なし

(本郷杯)
九州工業大学 3年 井生 奈那子

第22回東京六大学対抗グライダー競技会が開催されます

今年の東京六大学戦は8月31日(土)から9月6日(金)まで妻沼滑空場で開催されます。

「第22回東京六大学対抗グライダー競技会」

主催:東京六大学対抗グライダー競技会実行委員会
主幹:東京大学運動会航空部
後援:(公財)日本学生航空連盟
(一社)日本航空協会
(公社)日本滑空協会
熊谷市

開催日時:2019年8月31日(土)10:00 開会式 式後公式練習
9月1日(日)~6日(金) 競技
9月6日(金)16:00 閉会式

場所:日本学生航空連盟 妻沼滑空場
埼玉県熊谷市葛和田1975

出場選手:東京大学 3名
立教大学 1名
早稲田大学 6名
明治大学 2名
慶應義塾大学 9名
法政大学 9名

第37回久住山岳滑翔大会 始まりました

8月22日 18校44選手が参加して久住山岳滑翔大会が、大分県竹田市久住町の久住滑空場で始まりました。8月27日までの開催です。記録滑翔競技部門で使用するASK23型機
選手宣誓は九州工業大学 小曾根君

飛行前のウェザーブリーフィング中

いよいよ飛行開始!!大会の詳細はパンフレットをご覧ください。

第23回原田覚一郎杯(原田カップ)始まりました

今年の原田カップが始まりました。
妻沼滑空場で8月16日(金)まで
青山学院大学
関東学院大学
学習院大学
千葉工業大学
中央大学
東海大学
日本大学
の7校が参加します。
競技の様子は上記、出場各校のツイッターをご覧ください。
(青字の校名をクリックするとジャンプします)

OB・OG搭乗会 終了しました

7月13日から15日に妻沼滑空場で開催された学連OB・OG搭乗会は2日目の14日が雨天のため飛行できませんでしたが、13日29回、15日31回の飛行を行い、OB・OGやご家族・ご友人の皆様に楽しんでいただきました。
学連共有機のパロマ号・えんむ号の他、各大学OB有志が持ち寄った単座機等も参加しました。


ハスキー機による飛行機曳航で離陸。
曳航パイロットの浅田さん。お疲れ様でした。
青山学院大学OB持込みの、往年の超名機「スタンダード・シーラス」

関連記事:OB・OG搭乗会開催のお知らせ

第37回久住山岳滑翔大会 最新規程類公開

来たる8月22日~27日開催の「第37回久住山岳滑翔大会」の規程類最新改訂版を公開しました。

参加選手・大会関係者の方は下記PDFファイルをご参照ください。

主な改正点は、記録滑翔競技(単座飛行)について学連の安全規程改正に合わせて大幅な追加・変更を行いました。記録滑翔競技参加者は熟読願います。
基本競技参加者については変更はありませんが「久住滑空場の利用方法」は参考のためにご一読ください。

山岳滑翔大会規程類(2019改訂版)

久住滑空場の使用方法(201907改訂)

OB・OG搭乗会開催のお知らせ

恒例の学連OB・OG搭乗会を7月13日~15日の3日間、妻沼滑空場で開催します。
関東地区に限らず学連卒業の方であればどなたでも申し込めます。
申込締切は7月5日(金)です。
詳しくは下記ご案内をご覧ください。

————-(以下ご案内)——————-

2019年6月10日

日本学生航空連盟OB・OG 各位

日本学生航空連盟・日本学生航空連盟関東OB・OG会

学連主催 OB・OG搭乗会開催のお知らせ

 関東OB・OG会のご協力を頂き毎年この時期に搭乗会をご案内しております。複座機によるフライト(教官同乗)、単座機持ち込みフライト等を楽しんで頂けるよう下記のとおりご案内致します。

目  的
学連卒業生のご家族を含めた親睦、および生涯スポーツとしてグライダーを楽しむキッカケとする。

参加資格
学連卒業生とご家族および友人

日  程
2019年7月13日(土)14日(日)15日(祝)
参加者は10:30までに滑空場に集合してください。

場  所
妻沼第一滑空場

使用機体
ASK21(学連機)、持ち込み単座機

曵  航
飛行機(ハスキー)

費  用
複座機:6000円(曵航料・機体使用料等)
学連賛助会員は、5000円
持ち込み単座機:4500円

運  航
ASK21を使用し、教官同乗にて飛行します、従ってライセンスを持っていない方、身体検査有効期限の過ぎた方等でも、フライトをお楽しみいただけます。また、単座機持ち込み希望の方は申込書特記事項へ持ち込みグライダーをご記入ください。

申し込み
①メールによる申し込み
「2019年学連搭乗会申込書」(Wordファイル:OBOG_mousikomi.docx)に記入の上、メールに添付してmailto:contact@jsal.or.jp 深田宛申し込み願います。

②はがきによる申し込み
搭乗会申込書の必要事項をはがきに書き、下記までお送りください。
氏名・卒業大学名・卒年・連絡TEL(携帯)を明記してください。

〒105-0004 東京都港区新橋1-18-2 明宏ビル本館5階
(公財)日本学生航空連盟

締め切り
2019年7月5日(金)

その他
・ 関東支部(地区)以外のご出身者も是非ご参加下さい。
・申し込み多数の場合は1日あたりの人数調整をさせて頂きます。
・ 昼食は各自ご持参ください。

以上

2018年のOB・OG搭乗会(撮影:亀尾正敏さん)

 

久住滑空場で慰霊・安全祈願祭、安全講習会を開催しました

4/28(日)、久住滑空場格納庫において恒例の慰霊・安全祈願祭を執り行いました。

従来は「久住山岳滑翔大会」の開会式に併せておこなっていましたが、今回より練習生への安全教育の場として活かすために安全講習会を開催することとなりました。

久住山岳滑翔大会は改めて夏休み中(今年は8/22~8/27)に開催します。

久住滑空場(大分県竹田市久住町、向こうに聳えるのは久住山)

九州地区の学生の他、関東・東海・関西各地区の学生委員長が参列しました。

安全講習では最初に井上善雄理事(東京大学航空部監督)からメンタル面を中心に講義が行われました。

続いて住友健吾氏(朝日新聞社航空部次長・操縦士)から豊富な飛行経験をもとにお話しいただきました。改めて安全飛行について気の引き締まるお話でした。

 

第1回エレメンタリー・クロスカントリーフライト研修会を開催しました

4月17日~19日、妻沼滑空場でクロスカントリー飛行入門の研修会を実施しました。
日頃は滑空場を中心とする半径9km以内の空域で訓練飛行していますが、50km、100kmといったクロスカントリー飛行の経験のない学生を対象にした入門編です。
クロスカントリーへの第一歩として高性能複座グライダーで教官同乗による板倉滑空場(妻沼から約20km)への往復飛行を中心に、各校持ち込みの単座機による2時間・5時間滞空飛行などを行いました。
 研修機として法政・早稲田・慶應各校より高性能複座機デュオ・ディスカス3機が提供されたのに加え、各校持込みの単座機9機を使用し、受講学生は法政・東大・早稲田・立教・学習院・明治・慶應の各校から24名、指導教官は総勢19名が参加しました。

左から法政、慶應、早稲田各校のデュオ・ディスカス。翼幅20mの機体が3機揃うと壮観です。
 18日・19日は比較的気象条件が良く、デュオ・ディスカスによる板倉往復飛行3回、単座機による往復1回、5時間滞空飛行1回の成果となりました。他に多数の滞空飛行が行われました。