埼玉スカイスポーツフェタ2014について

メインページに戻る

1. 目的
わが国の航空文化を支えるスカイ・スポーツの認知度を深め、人々の空に対する関心を高める。
そのためには、幅広い年齢層にスカイスポーツの楽しさをアピールする必要があり、特に、子どもたちの空への興味を喚起したい。
熊谷をスカイ・スポーツの発信地としての地位を確立していく。まず、広く地元の方々の理解を得、熊谷市から埼玉県へ裾野を広げ、全国のスカイ・スポーツ活動の中心となるべく、継続的に活動する。
結果として、スカイ・スポーツ人口の増大を図り、これらの推進団体を強化していく。

2. 経緯
今年は、航空再開60年の節目であり、妻沼滑空場開設50年の年にあたり、本年3月に行われた、航空局を交えたスカイスポーツ団体の情報交換の場で、本フェスタの立上げについて多くの賛同を得た。

3. 実施母体
⇒SSF実行委員会(事務局は学連)

A) 共催
   公益社団法人日本ハング・パラグライディング連盟
   NPO法人日本マイクロライト航空連盟
   日本気球連盟
   日本模型航空連盟
   公益社団法人日本滑空協会
   公益財団法人日本学生航空連盟

B) 後援
   埼玉県
   熊谷市
   熊谷市教育委員会
   朝日新聞社
   日本航空
   全日本空輸

C) 協賛
   トヨタ自動車
   鈴与グループ
   本田技研工業
   キャリアネット㈱
   ラジコン技術

D) 運営
  事務局:学連
  役員:共催団体役員
  スタッフ:共催団体会員有志、OB・OG有志、熊谷市妻沼町有志

4. 企画概要
名称:埼玉スカイスポーツフェスタ2014(Sky Sports Festa in Saitama 2014)
主催:SSF実行委員会
日程:2014年10月12日(日)
時間:10時~16時(時間を区切って各団体のデモ、体験飛行)
場所:埼玉県熊谷市妻沼滑空場
実施管理:公益財団法人日本学生航空連盟

メインページに戻る